バカとはなにか? 作家 嵐山光三郎

エッセー
2020/5/23 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任侠(にんきょう)映画の渡世人が、自分を「バカな野郎でござんす」と卑下するのは、じつは自慢だから「たしかにバカだよ」なんてうなずくと、はり倒されてしまう。

大阪弁の演歌で、タイトルは忘れたが、「だまされた私がアホやねん」というフレーズの曲があって、ハスキーな声に胸がしびれた。これは自嘲の歌で、自分を「アホやねん」とあざけってなぐさめている。バカは純情で、アホはやわらかい。

専門バカは学者先生によ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]