山梨のワインツーリズム、「日常化」目指す
(一社)ワインツーリズム代表理事 大木貴之氏に聞く

山梨
2020/5/20 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ワインを味わうだけでなく、産地のブドウ畑やワイナリーを巡り、ワインがつくられる地域の魅力を体験するイベント「ワインツーリズム」が人気だ。参加者がガイドブックで事前に勉強し、自らスケジュールや楽しみ方を考える。現在では全国各地で実施されているが、日本では2008年、山梨県で初めて開催された。その仕掛け人、一般社団法人(一社)ワインツーリズム代表理事の大木貴之氏に、イベントの意義や今後の展開などを聞…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]