財政下支えのリスク増大 国債購入制限なく 米欧意識
日銀のコロナ対応 戦略を問う(上)

2020/5/19 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスが招く金融市場の混乱や経済の悪化を踏まえ、日銀は3月と4月の金融政策決定会合で2会合連続の追加緩和を決めた。黒田東彦総裁は「中央銀行ができることは何でもやる」という。海外の中銀も危機対応を急いでいる。コロナ対応をめぐる日銀の戦略を点検する。

「財政と金融政策の協調をさらに進めた形で見せられないか」。4月27日の決定会合の前、日銀内ではこんな議論が交わされていた。念頭にあったのは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]