ギフト特化ECのギフトモール、15億円調達

2020/5/19 11:57
保存
共有
印刷
その他

贈り物に特化した電子商取引(EC)サイトを運営するギフトモール(東京・中央)は第三者割当増資でジャフコから15億円を調達した。同社が外部から資金調達をするのは初めて。調達した資金を活用し、品ぞろえや倉庫・物流網を拡充する。

ギフトモールは、国内だけでなくアジア展開にも力を入れている

ギフトモールは贈るシーンや贈る相手の属性などに応じて食品や日用品などの贈り物を選ぶことができる。2014年にサービスを開始。利用者の年代層は20~40代と幅広い。何を贈ればいいかわからないといった場合に電話やメールで無料相談できる「お祝いコンシェルジュ」というサービスも備えている。

東京とシンガポールに拠点を持ち、日本、インド、インドネシアの3カ国で事業を展開している。6月上旬までにベトナムでもサービスを始める。

ギフトモールは20年3月に、同業の「Anny(アニー)」を運営するBLTをトレンダーズから買収した。アニーは感度の高い消費者層をターゲットとしており洗練された品ぞろえが特徴。ギフトモールとアニーを統合するのではなく、今後もそれぞれのサービスの特徴を生かし独立した形で運用していく方針。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]