/

顔用防護具、寄付で量産 阪大が病院に無償提供

新型コロナウイルス感染者の治療に当たる医療従事者に使ってもらおうと、大阪大の中島清一特任教授(消化器外科学)らのチームが、安価なクリアファイルを使った顔面用の防護具「フェースシールド」の量産を始めた。18日までにクラウドファンディング(CF)で約2600人から3200万円を超える寄付を集め、態勢を構築。希望する全国の病院に無償提供している。

阪大チームのシールドは、ヘアバンドのような樹脂製フレームにクリアファイルを取り付けて額から顔を覆うもので、感染者に応対する際に飛沫が目や口に入るのを防ぐ。フレームを作るための3Dプリンター用データを4月初めに公開したが、1個作るのに2時間もかかるのが難点だった。

チームは金型やプラスチック成型の7社と連携。CFサイト「レディーフォー」で6月までに3500万円を集め、フレーム20万個を量産、無償提供する計画で、5月上旬には完成したものから配送を始めている。

中島特任教授は「今後予想される第2波への備蓄にも生かしてほしい」と話している。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン