コマツ、中国回復乗り遅れ コロナ一服もシェア低下

2020/5/18 22:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染から立ち直りつつある中国で、コマツが需要回復の波に乗れていない。政府の景気刺激策で建機の需要が急回復しているが、三一重工など中国勢との競争激化でかつて首位だったシェアは4%程度に低下。頼みの北米事業などは2021年3月期も不振が続く見通しだ。反転攻勢のためにはあらゆるモノがネットにつながる「IoT」サービスなど、データを生かして稼ぐ力を高められるかがカギになる。

「中国は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]