/

この記事は会員限定です

リモート時代の学び方 指導者は双方向の意識を

バスケットボール女子日本代表元主将 大神雄子

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、至る所でリモートワークの導入が進んでいる。私は昨年度から筑波大大学院でコーチングを学んでいるが、4月からの講義もほぼリモートでの実施になった。

アシスタントコーチを務めるWリーグ・トヨタ自動車の拠点がある名古屋市と、関東圏を頻繁に往復する生活を送っていた身にはとてもありがたいこと。移動の負担が減った分、昨年度より多くの講義を受けられているし、それ以外の時間もトッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り890文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン