/

この記事は会員限定です

中国のEV市場、急ブレーキ 窮余の補助金2年間延長

[有料会員限定]

【広州=川上尚志】中国の電気自動車(EV)の普及に急ブレーキがかかっている。政府が昨年、メーカーへの販売補助金を減らした途端、販売が急降下し、同年の販売は4%減と初のマイナス成長になった。これで25年に約700万台の販売を目指した当初の大胆なEVシフトはほぼ実現不可能となった。政府は急きょ、年内終了予定のEV補助金を2年間延長し、てこ入れを急ぐ。ただ、その他の目玉の普及策も機能せず、中国のEV戦略...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン