苦境中小を後押し 神戸は飲食宅配、東大阪は製品開発

2020/5/18 20:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響が長引く中、関西の自治体が中小飲食店や製造業者の経営を支援する動きが広がっている。大阪、兵庫、京都の3府県では依然として「特定警戒」が続くが、休業要請の緩和もあり需要回復への期待が高まってきた。足元の苦境を乗り越え、できるかぎり早い経営立て直しにつなげてもらおうと、民間企業や市民の力も借りて後押しする。

4月下旬、神戸市三宮にある鉄板焼き店は宅配代行、出前館を通じたデリバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]