/

この記事は会員限定です

下水でコロナ監視、感染拡大を把握 第2波に備え

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の国内での流行は収まりつつあるようにみえるが、再び拡大に転じたり第2波が到来したりする恐れが指摘される。流行状況を長期的に監視するため下水処理場でウイルスのRNA(リボ核酸)を測る手法が国内外で提案されている。日本水環境学会はタスクフォース(代表は大村達夫・東北大学教授)を設けて研究者間の連携と情報収集を始めた。タスクフォースの幹事長を務める本多了・金沢大学准教授をはじめ関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1458文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン