「貯蓄から投資」最後の挑戦 コロナ不況克服のカギ
本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/5/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場で興味深い提言が浮上している。コロナ危機の経済対策として、日銀が保有する上場投資信託(ETF)を国民に配るべきだ――。川北英隆・京大大学院特任教授によるものだ。

日銀は金融緩和の一環として株価指数に連動するETFを購入しており、残高は30兆円を超える。これを政府が時価で買い上げ、所有権を国民の証券口座に移転するというのが川北案だ。

実現の可能性は高くない。口座開設に膨大な手間がかかる。現…

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

その他

電子版トップ



[PR]