新型コロナが企業に問うESGの「S」 海外専門家に聞く
編集委員 小平龍四郎

みんなのESG
小平 龍四郎
編集委員
学ぶ
2020/5/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナ危機のなかでESGを重視する投資家が、企業に様々な要求をしている。脱炭素など環境面の取り組みはもちろんのこと、雇用維持や下請けの保護といった社会的課題へと、市場の声は広がりを見せる。大恐慌以来の経済危機は企業と投資家の関係をどう変えるだろうか。米国の国際金融協会(IIF)とオランダの資産運用会社ロベコに所属する専門家二人に聞いた。

■アルファベット・スープ現象、解決を

ソニア・ギブス IIF

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]