富士山、今夏閉山へ コロナ感染防止で登山道閉鎖

生活
地域総合
関東
静岡
山梨
2020/5/18 18:13
保存
共有
印刷
その他

富士山は訪日客の登山者も増えており、開山すれば登山道が密集するおそれがある。

富士山は訪日客の登山者も増えており、開山すれば登山道が密集するおそれがある。

富士山が新型コロナウイルスの影響で今夏、閉山されることになった。登山者が密集した場合の安全が確保できないとして静岡県は18日、県内の登山道3本を7月10日~9月10日の2カ月間閉鎖すると発表した。山梨県側の登山道もすでに閉鎖が決定しており、山頂に至る4本の登山道すべてが通行止めとなる。

開山期間の7~9月に登山道を全面閉鎖するのは少なくとも静岡県が管理を始めた1960年以降、初めてという。

静岡県が閉鎖するのは御殿場、須走、富士宮の3ルート。富士宮ルートの山小屋組合は登山者の密集による感染防止のため、今夏は休業する方針をすでに決定。8合目にある救護所も運営主体の富士宮市が休業を決めており、同県も登山道閉鎖を決断した。

5合目の登山口につながる道路「富士山スカイライン」などは現在も冬季閉鎖が続く。登山道の閉鎖と合わせ、周辺の道路も通行止めにするかどうか近く調整する。閉鎖期間中は通行を規制する標識やバリケードの設置も検討するという。

静岡県に先立ち、山梨県は吉田ルートを7月1日~9月10日に閉鎖する方針を15日に示した。山小屋でつくる富士山吉田口旅館組合は16軒ある山小屋について、今夏の一斉休業を決めていた。

環境省によると、2019年7~9月の夏山シーズンの富士山の登山者数は約23万6000人。このうち吉田ルートの利用者は約15万人で、残りは静岡県側の3本の登山道を利用している。

静岡県の担当者は「期間中に入山し、事故が起きても救護できないため今夏は控えてほしい」(富士山世界遺産課)と訴える。登山関連のインターネットサイトや民間の観光団体などと連携し、閉山を国内外に周知する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]