7/13 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「出遅れ日本」の目覚め 投資の好機とみる海外勢[有料会員限定]
  2. 2位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]
  3. 3位: 危機下の預金・現金急膨張 コロナ後バブル生む?[有料会員限定]
  4. 4位: ファンケル、コロナでも増益 自前DXで販促素早く[有料会員限定]
  5. 5位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
7月10日 137.470 +0.160

[PR]

商品ニュース

豊洲の流通苦境 「5月後半に山」 事業継続に危惧
東京魚市場卸協組トップに聞く 供給責務、果たす

2020/5/19 11:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大下でも開場し、食料の供給責任を果たしている豊洲市場(東京・江東)。だが、飲食店や輸出向けの生鮮魚介類の需要は激減し、相場は大幅に下落。4月の取扱量は2割弱、取扱金額は3割減った。休業手当もなく仲卸の経営は厳しさを増す。仲卸約500社が加盟する東京魚市場卸協同組合の早山豊理事長に現状を聞いた。

――市場開設者である東京都の要請で、緊急事態宣言下でも市場は営業を続けていま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム