チャンピオンカレー、豚の直腸入り商品 食品廃棄防ぐ

2020/5/18 16:49
保存
共有
印刷
その他

カレー店運営のチャンピオンカレー(石川県野々市市)は18日、豚の直腸「シロ」を入れたテークアウト限定のカレーを発売した。野々市市の本店で販売する。通常は使用しない食材を活用し、新型コロナウイルスの影響で深刻になっているフードロス(食品廃棄)を防ぐ。

豚の直腸「シロ」のうまみが味わえる

第1弾として食肉卸のサニーサイド(金沢市)の商品「美川の上シロ」を使った「美川県一のカレー」(890円)を発売する。カレーとシロのうまみがバランスよく味わえるという。

新型コロナの感染防止対策のため飲食店の休業が相次ぎ、業務用食材の廃棄が増えている。チャンピオンカレーは石川県のブランド牛「能登牛」や北海道産のホタテなどを使ったカレーの発売も検討しているという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]