国産ワクチン開発の黒子 タカラバイオの技術力

2020/5/26 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、タカラバイオの存在感が高まっている。大阪大学などとワクチン開発に乗り出し、年内には20万人分を量産するメドをつけた。中国政府などの要請を受けてPCR検査で使う試薬も緊急増産し、25日時点の株価は年初から約3割上昇した。強みとするのは40年間磨いてきた遺伝子の「編集」技術だ。日本国内でワクチンを確保するうえで、重要な役割を担うことになる。

世界の製薬大手が新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]