/

この記事は会員限定です

宇宙政策、民間・生活重視で 松井孝典氏

千葉工業大学惑星探査研究センター所長

[有料会員限定]

今後10年の日本の宇宙政策の方向性を定める宇宙基本計画の改定案がまとまった。私は政府の諮問機関である宇宙政策委員会委員長代理の立場だが、米国と共同の月探査の位置づけや産業利用の推進などの検討は不十分なようだ。

全体としては、新しい宇宙基本計画案は主要な論点をすべて検討しているが、焦点を絞った方がよい。例えば約10年前の宇宙基本計画では、社会インフラの宇宙利用の観点は、日本版全地球測位システム(GP...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン