継続課金スムージーが絶好調 外出自粛下で健康需要

2020/5/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ユーザーに適したレシピのスムージーを届けるサブスクリプション(継続課金)サービス「グリーンスプーン」が急成長している。3月25日に販売を開始すると申し込みが殺到。4月の売り上げは目標値の2.5倍となった。外出自粛が広がる中、健康維持のためのサービスとして人気を集めている。

「自宅で食べるヘルスケア領域の事業で勝負したくて事業を始めた。そこに新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛が広がり、結果的に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]