/

NISSHA、米製薬スタートアップに出資

NISSHAは米国の製薬スタートアップに出資したと発表した。皮膚から吸収する医薬品の製造技術に優れており、複数の医薬品候補を持つ。スマートフォン向けタッチセンサー大手のNISSHAは主力事業がデジタル関連の好不況の波に左右されやすいため、メディカル分野を強化している。出資を通じて技術を獲得し、医薬品関連事業を強化する。

出資した「スパーシャファーマUSA」(カリフォルニア州)は2014年の設立。従業員11人の小規模企業で痛みを和らげるパッチのような一般用医薬品の製造、販売を手掛けている。出資額は非公表。

NISSHAは現在、口の中で簡単に溶けるフィルム医薬品の製造、開発を進めている。自社が得意とする成形技術を生かし、採算性の高い製造装置の開発にも取り組み、将来は米国での事業展開を検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン