/

この記事は会員限定です

平均給与の増加率 インソースが中堅上場企業1位

[有料会員限定]

中堅上場企業「NEXT1000」を対象に3年前と比べた1人当たりの平均給与の増加率をランキングしたところ、IT(情報技術)を活用して旧来型サービスを進化させる企業やインフラ特需で受注が拡大している建設関連などが上位に入った。1位は研修サービスのインソースだった。新型コロナウイルスの感染拡大で従業員の給与削減に動く大企業もあるなか、逆風下でも継続して従業員に報い続けられるか、注目を集めそうだ。

1位 インソース、研修3000種類 オンライン化も

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン