/

この記事は会員限定です

巣ごもり・持ち帰り… 食品各社、コロナ後の販売探る

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

新型コロナウイルスの影響で外食向け商品の販売が落ち込むなか、食品メーカーが新たな売り方を模索している。キユーピーはテークアウトを導入する店舗向けに営業を強化。カゴメは「巣ごもり消費」に対応するためホームページでレシピを公開した。大規模な販促や営業が難しい一方で、工夫を凝らして影響を抑えようと知恵を絞っている。

日本フードサービス協会(東京・港)が発表した3月の外食売上高(全店ベース)は前年同月比17.3%減と過去...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り973文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン