/

この記事は会員限定です

スターウォーズ、主戦場はゴミ監視 自衛隊に宇宙部隊

編集委員 小玉祥司

[有料会員限定]

自衛隊に18日、宇宙作戦隊が発足した。米国やフランスでも2019年に「宇宙軍」が創設され、宇宙を安全保障に利用する動きが加速する。宇宙作戦隊が当面の主目的とするスペースデブリ(宇宙ゴミ)の監視は、一見、安全保障とは縁遠いように思えるが、実はそうではない。人工衛星をめぐる宇宙での攻防の主役となる可能性があり、日常生活への影響も大きい。民間利用まで視野に入れた取り組みは、日本の宇宙技術や宇宙産業を支え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1685文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン