10万円給付、先走ったオンライン推奨 自治体が悲鳴

2020/5/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス対策として、国民1人当たり一律10万円を給付する「特別定額給付金」。そのオンライン申請を巡り、実務を担う各自治体から悲鳴が上がっている。最大の要因は、政府が自治体の実情を踏まえずに「迅速に給付できる」とオンライン申請を推奨した点にある。

■高市総務相「オンライン申請を」

「マイナンバーカードの活用等、迅速な給付システムについて検討を行う」――。政府が4月7日に閣議決定した新型コロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]