中国にモノ申す豪州、浮かぶ「コロナ後」の新秩序
アジア総局長 高橋徹

Asia Analysis
コラム(国際)
2020/5/19 0:00 (2020/5/19 5:21更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

まさに絵に描いたような「意趣返し」が繰り広げられている。

5月12日、中国は突如としてオーストラリアからの食肉輸入の4割近くを停止した。18日にはビールなどの原料となる大麦にも80%もの高関税を適用すると表明した。

「製品表示に問題がある」「豪政府の補助金が不当廉売にあたる」といった中国側の説明を、真に受ける声はまずない。中国の出方は突然だったが、予想されてもいた。豪紙オーストラリアンは「貿易戦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]