/

この記事は会員限定です

「グローバル化は不変、異文化に学ぶ」柳井正氏

ファーストリテイリング会長兼社長

(更新) [有料会員限定]

「ユニクロ」などを運営するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(71)は、世界で新型コロナウイルスの感染が広がっても「グローバル化が後退することはない」と明言します。国境を越えた人の交流が続く中で世界的な視野を養うことと、異文化から学ぶことの重要さを説きます。

 柳井正氏(やない・ただし) 1949年年2月生まれ。山口県出身。1971年早大政経卒。ジャスコ(現イオン)を経て父が経営する小郡商事(現ファーストリテイリング)に入社。84年に「ユニクロ」を開業後、多くのヒット商品を生み出す。26カ国・地域に展開する世界3位の衣料品会社に育てた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン