「コンテンツがさらに重要に」鈴木幸一氏
IIJ会長

GO2030
2020/5/31 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネットイニシアティブ(IIJ)の鈴木幸一会長(73)は、1993年に日本で初めてインターネットの商用サービスを実現しました。今後のインターネットの世界で重要なものは「コンテンツ」と説きます。

鈴木幸一氏(すずき・こういち) 1946年生まれ。インターネットイニシアティブ(IIJ)を1992年に設立。2013年からIIJの会長兼最高経営責任者(CEO)。「日本のインターネットの父」と呼ばれる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]