職場閉鎖命令、世界で4割減 新興国で見切り発車多く

2020/5/17 22:00 (2020/5/18 0:51更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響による経済活動の規制を緩める国が増え、労働者の職場への復帰が進み始めた。医療・介護を除くすべての業種に職場閉鎖を命じる国はピーク時の4月中旬から4割近く減った。だが新興国を中心に、感染拡大が十分に収まらないまま経済の停止に耐えきれず動き出す国も多い。見切り発車が収束の足を引っ張れば、再び雇用情勢に悪影響を与える恐れがある。

英オックスフォード大は各国政府による企業などへの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]