アビガンで立ち向かう 富士フイルムHD会長 古森重隆氏
コロナと世界(18)

2020/5/17 22:00 (2020/5/18 4:22更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――新型コロナウイルスの治療薬として自社生産するアビガンに注目が集まっています。

「歴史を振り返ると、ペストやスペイン風邪など世界では何度も感染症が発生してきた。現在は人やモノの移動が活発になっており、あっという間に大問題になる。今後も別の感染症が起こる可能性があり、感染症対策は人類の重要なテーマであり続ける」

「アビガンを開発した富山化学工業(現富士フイルム富山化学)を2008年に買収したのは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]