CO2の地中貯留、海外で展開 Jパワーなど実証へ

2020/5/17 22:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

二酸化炭素(CO2)を地中に埋めて排出量を減らす技術を日本の官民が海外展開する。経済産業省とJパワーなどがインドネシアのガス田で実証事業に乗り出す。石炭火力の需要が当面残るアジアで、日本の温暖化対策技術をアピールする狙いがある。

近く事業化調査を始め、2021年度から4年かけて数十億円規模の実証事業を計画する。経産省が予算を計上し、Jパワーや日揮のグループ会社、日本エヌ・ユー・エス(東京・新宿)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]