ブラジル、コロナ感染者数24万人 英国に迫る

2020/5/17 9:56 (2020/5/18 8:49更新)
保存
共有
印刷
その他

ブラジルでは感染拡大が止まらない(リオデジャネイロ州)=AP

ブラジルでは感染拡大が止まらない(リオデジャネイロ州)=AP

ブラジル政府は17日、新型コロナウイルスの感染者数が24万307人となったと発表した。既にスペインとイタリアを抜いて世界で4番目となっており、英国(約24万5千人)に迫る。感染抑止策を軽視するボルソナロ大統領の下で保健相が1カ月に2回交代するなど政治混乱が続く中、感染拡大に歯止めがかからない状況だ。

欧米が感染のピークを超える一方、ブラジルの感染ペースは緩んでおらず、死者数は1万6千人を超えた。貧しい地方やアマゾン熱帯雨林の先住民居住地域にも感染が広がる。検査態勢が十分ではなく、同国の研究者グループは実際の感染者数は10倍以上にのぼると予測する。

新型コロナを「ただの風邪」と呼ぶボルソナロ氏はこうした状況下でも経済活動の早期再開を求める立場を崩さない。19日には首都ブラジリアで開催された政府支持者の集会に10人以上の閣僚を引き連れて参加。支持者との写真撮影に応じるなど、「社会的距離」を無視する姿勢をとる。

連邦政府に対抗する形で州政府など地方自治体は外出自粛令や都市封鎖などの対策をとるが、強制力がなく、徹底できていない。経済格差が大きく、外で働かざるを得ない人々が多いことも事態を悪化させている。

15日には新型コロナ対策の責任者であるタイシ保健相がボルソナロ氏との路線対立で辞任を表明。1カ月前に前任のマンデッタ氏が辞任したばかりで、司令塔不在がウイルスの感染拡大を許している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]