梅田大改造、コロナに揺れる街づくり 処方箋は

2020/5/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪・梅田の再開発を新型コロナウイルスが揺さぶっている。JR大阪駅北の梅田北ヤード跡地「うめきた」エリアでは4年後にオフィス床面積が約1.6倍に増える。大規模都市公園も整備されるが、景気低迷や働き方改革の進展で見直しを迫られる可能性も出てきた。日本有数の再開発がこの危機を乗り越えられれば、今後の新たなモデルになるかもしれない。

三菱地所やオリックス不動産、阪急電鉄など9社が進める「うめきた2期」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]