梅田発スタートアップ、コロナ乗り越え技術磨く

2020/5/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナ・ショックに揺れる大阪・梅田エリアの再開発。一方で感染症の拡大防止に必要な新技術の種が芽吹いてきた。注目される遠隔医療のスタートアップ企業が羽ばたこうとしているのだ。梅田がお膝元の阪急阪神グループもスタートアップ育成を通じた街づくりを目指している。

「リハビリが病院ではなく自宅でできれば、感染リスクが減る」。大阪大学発のリモハブ(大阪府吹田市)の谷口達典社長はこう強調する。心臓病を患った患…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]