/

この記事は会員限定です

大阪ミナミのドラッグストア、半数が休業・閉店

[有料会員限定]

インバウンド(訪日外国人)を当て込んだ大阪のドラッグストアの売り上げが消失している。新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請の緩和で小売りや飲食はそろり再開するが、大阪・ミナミのドラッグ店は半数近くが休業や閉店に追い込まれていることが分かった。出店に過剰感が出ていたところにコロナで大打撃を受けた格好だ。

府が休業要請を緩和した16日、道頓堀周辺の人通りは徐々に戻りつつあるが、軒を連ねる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン