/

この記事は会員限定です

大阪の休業緩和、商いの街に客足戻るか 「対策は継続」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの新規感染者の減少などで16日から緩和される大阪府の休業要請。外出自粛の中、客足が戻りつつある商店街の店主らは売り上げ回復に期待を寄せるが、密集が起きる場所もあり、感染防止策の徹底は欠かせない。インバウンド(訪日外国人)頼みの民泊業者は国際線の欠航で苦境が続く。かつてのように活況を取り戻す日はまだ遠い。

商店街「ピーク時の5割に戻る」

日本一長い商店街といわれる天神橋筋商店街(大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン