/

この記事は会員限定です

分身ロボで接触減らせ ソニーなど開発急ピッチ

[有料会員限定]

人間の動きをリアルタイムで再現する「アバター(分身)技術」を使う遠隔操作ロボットの開発が急ピッチで進んでいる。新型コロナウイルスで人と人との接触を減らす必要が高まる中、空間を超えて作業する需要が高まっているからだ。ソニーANAホールディングス(HD)のグループ会社はこのほど遠隔ロボの共同開発で合意。米中など海外でも実用化の動きが相次ぐ。

「コロナの時代には人の接触を避けながら産業を維持するのが重要だ」。ソニーの人工知能(A...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン