/

都 約5800億円の補正予算案提出へ 協力金追加支給など

(更新)

東京都の小池百合子知事は15日、5月27日に開会する都議会に総額5800億円規模の補正予算案を提出することを明らかにした。休業要請に応じた事業者への「協力金」の追加支給のために約900億円を用意するほか、資金繰りに苦しむ企業向けの制度融資の増額や、PCR検査体制の増強などにあてる考え。19日に詳細を発表する。

小池氏は「感染拡大防止と経済社会活動を両立させるロードマップを裏付ける補正予算にしたい」と話した。都は4月にも新型コロナ対策のため3574億円の補正予算を成立させている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン