福岡国際空港の20年3月期、最終赤字93億円 コロナで

2020/5/15 20:36
保存
共有
印刷
その他

福岡国際空港(福岡市)が15日発表した2020年3月期の連結決算は、最終損益が93億円の赤字となった。19年4月に全国初の地方企業主導による民営化を実現したが、この1年は新型コロナウイルスの感染拡大や日韓関係の悪化という逆風に苦しんだ。2年目もコロナ禍の長期化が予想されるなど、厳しい経営を迫られそうだ。

「コロナがなければ計画通りいけたはずだ」。同日記者会見した永竿哲哉社長は表情を曇らせた。連結…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]