/

朝日新聞出版が謝罪 ネット記事「確認不十分」

朝日新聞出版は15日までに、運営するニュースサイト「AERA dot.」で5日に配信した記事「『マトリ』が次に狙うセレブタレント」について「関係者に対する十分な取材や事実確認ができていなかった」として記事を取り消し、タレントのダレノガレ明美さんと所属事務所に謝罪する文章を同社の公式ホームページに掲載した。

謝罪文によると、問題の記事は、厚生労働省麻薬取締部が「元モデルでタレントのA」を内偵捜査しているとの内容。これに対してダレノガレさん側が、記事の記述はAがダレノガレさんと「同定が可能」だと指摘した上で「過去も現在も薬物を使用ないし所持したことは断じてなく、それを疑うべき事情も一切ない」などと訴える警告書を送付していたという。

謝罪文の掲載は14日付。ダレノガレさんは会員制SNS(交流サイト)で「正直納得できない」と投稿し、訂正と謝罪文をインターネットニュースとして配信するよう求めている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン