/

アイ・ピース、iPS細胞の新サービス 全自動作製

アイ・ピース(京都市)は15日、臨床用iPS細胞の作製サービスを開始したと発表した。このほど細胞を加工・製造する許可を厚生労働省から取得した。同社を立ち上げた田辺剛士氏は京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞の作製に成功した際の研究メンバーの一人。ファナックと共同で開発した自動量産技術を用いて、提供を始める。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン