/

大韓航空640億円の赤字 1~3月期、入国制限響く

【ソウル=細川幸太郎】大韓航空が15日発表した2020年1~3月期の連結最終損益は7368億ウォン(約640億円)の赤字だった。新型コロナウイルスに伴う入国制限で旅客数が減り、前年同期の1169億ウォンの赤字から赤字幅が拡大した。4月以降の運航便数は9割減の状態が続いており、4~6月期の業績は一層深刻になる見通しだ。

運航路線の減少で、仁川国際空港の駐機場には大韓航空機が多数並んでいる=ロイター

売上高は22%減の2兆4273億ウォンだった。韓国は国土が狭く、大韓航空は旅客売上高の95%を国際線で稼ぐ。入国制限によって運休が相次いだのに加え、出張やレジャーの旅客数も減り、旅客売上高は33%減った。特に中国と日本便の減少幅が大きかった。一方で貨物事業の売上高は0.5%増えた。

同社は4~6月期について「欧州や米国などはさらに需要が悪化する」とみる。ただ一部地域で始まった封鎖措置の緩和に伴って「6月には国際線の供給力を段階的に回復させていく」とした。

同業のアシアナ航空も同日、1~3月期の連結業績を発表した。最終損益は6832億ウォンの赤字と、前年同期の891億ウォンの赤字から悪化した。売上高は25%減の1兆2937億ウォンだった。

大韓とアシアナの足元の運航便数は9割減の状態が続く。政府系銀行の韓国産業銀行が両社に融資や社債の引き受けで計2兆9000億ウォン(約2500億円)の金融支援を実施し資金繰りについては一息ついた。ただ、コロナ終息後も旅客数の急速な回復は見込みにくく、苦境が続くことになりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン