/

この記事は会員限定です

今期業績予想、6割が未定 正常化は秋以降との見方

[有料会員限定]

企業はいつ事業活動を本格化できるのか見通せずにいる。15日までに決算を発表した3月期決算企業の約6割が2021年3月期の業績予想を「未定」とした。業績予想を出した会社では、今期は約2割の最終減益を見込む。生産や販売の正常化は10~12月期以降との見方が多い。

ソニーは業績見通しの決算短信への記載は見送ったが、十時裕樹最高財務責任者(CFO)は、3割程度の営業減益という試算を明らかにした。6月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り300文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン