/

大阪市、小6・中3で授業再開 25日以降に

(更新)

大阪市の松井一郎市長は15日、市立学校の小学6年、中学3年の授業を25日以降に再開することを明らかにした。授業の再開は6月以降としていたが、受験や卒業を控える中、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、現状の日程では授業時間数の確保が難しいとして前倒しした。ほかの学年は6月から授業を再開したいとの考えを示した。

大阪市教育委員会は31日まで市立の小中学校を休校とし、週1~2回の臨時登校日を設定。25日以降に登校日を活用して、授業を週2~3回の頻度で実施する方向で調整している。

大阪府の吉村洋文知事も15日、府立高3年生について休校予定の31日までに授業が再開できるか検討する考えを示した。

文部科学省は休校を解除する際に小学1年、小学6年、中学3年の登校を先行するよう各自治体に求めていた。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン