/

豊和銀行の経常益78%減 20年3月期

豊和銀行が15日発表した2020年3月期単独決算は、経常利益が前の期比78%減の2億4800万円、税引き利益も73%減の3億900万円だった。年度末の株価急落による株式等償却の増加などにより経常段階で3期ぶり、税引き段階では2期ぶりの減益となった。21年3月期の税引き利益は39%増の4億3000万円を予想している。

権藤淳頭取は同日の記者会見で「貸出金利回りが改善するなど銀行としてのベースの力はよくなっている」と分析。「新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に陥っている地域の中小企業を迅速かつ柔軟に支援することを最優先課題として取り組みたい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン