NEC、保育園の入園選考にAIを活用

2020/5/15 18:28
保存
共有
印刷
その他

NECとNECソリューションイノベータは、人工知能(AI)を使って保育園の選考業務を効率化するマッチングシステムの提供を始めた。自治体の職員が保護者の希望する園や家庭状況といった各項目をシステムに入力。AIが自治体の定める配点基準などと組み合わせ、条件に合う保育園を自動で割り当てる。職員の負担が大きい複雑な作業の大幅な削減が見込まれ、今後2年間で10団体への提供を目指す。

2019年7月から20年2月まで、山形市で実証実験を進めた。同市は従来、保育園の選考業務を職員十数人で数日かけて実施していた。AIシステムの導入で、業務時間を約9割削減できたという。

職員は保護者から提供を受ける申請書をもとに、希望や各家庭の状況を聞き取るだけで、マッチングの作業はAIが代行する。AIが各自治体の配点基準や優先順位、兄弟で同じ保育園への入園を希望しているといった複雑な条件を考慮して選考を実施。提示結果に至った経緯とともに、リポートにまとめる。

山形市の実証実験では、特別に考慮すべき条件がある選考は約3%で、それ以外のマッチングをAIに代行させたところ、職員による選考結果と99%以上一致したという。(水口二季)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]