/

この記事は会員限定です

対アフリカ戦略 中国に落とし穴 ミンシン・ペイ氏

米クレアモント・マッケナ大学教授

[有料会員限定]

中国がアフリカで実施してきたインフラへの融資や投資などは長年、批判の対象となってきた。中国はアフリカ諸国について、インフラ利用権を奪う「債務のわな」に陥れ、貴重な天然資源を支配しようとしているとの批判だ。だがこうした見方は、中国を過大評価し、落とし穴を見過ごしている公算が大きい。

新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の落ち込みで、資源価格が下落し、中国がかかわるプロジェクトの見通しは暗くなっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1557文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン