竹下派若手が勉強会 「コロナ後の社会」検討

2020/5/15 19:17
保存
共有
印刷
その他

自民党竹下派は15日、新型コロナウイルス収束後の社会のあり方を検討する若手中心の勉強会の初会合を国会内で開いた。派閥の会長代行を務める茂木敏充外相が講師として出席し「中堅、若手で勉強したいというのは非常にいいことだ。積極的な議論をしてほしい」と述べた…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]