北国銀行頭取に杖村氏 IT活用加速、コンサル強化も

2020/5/15 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北国銀行は15日、杖村修司専務が6月19日付で頭取に昇格すると発表した。安宅建樹頭取は相談役となり、代表権のある会長に浜崎英明専務が就く。杖村氏はIT(情報技術)を活用した生産性向上やコンサルティング機能の強化などを加速する。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が地域経済に広がるなか、収益力を高めるという難題に挑む。

「顧客ニーズを満たすために、フィンテック企業に負けないようITを先に進めていきた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]