在宅勤務、報酬体系見直し カルビーは成果主義
【イブニングスクープ】

働き方改革
新型コロナ
ネット・IT
エレクトロニクス
サービス・食品
2020/5/15 18:00 (2020/5/16 5:33更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染拡大で在宅勤務が広がるなか、企業が在宅での勤務・報酬体系を見直す動きが出てきた。リコーやベネッセコーポレーションでは在宅勤務で残業代を支払う仕組みを導入。一方、カルビーは成果主義の報酬体系を活用して、在宅での多様な働き方を実現している。新型コロナによる在宅勤務の広がりが、時間管理をベースとする日本の働き方を見直す契機になりそうだ。

リコーは新型コロナの感染が拡大した3月、就…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]