/

この記事は会員限定です

日銀のリスク資産購入「金融政策でなく財政政策」

岡三証券の愛宕伸康チーフエコノミスト

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込む日本経済の下支えへ、日銀は株価指数に連動する上場投資信託(ETF)や企業の社債、コマーシャルペーパー(CP)の買い入れ枠を拡大している。中央銀行によるリスク資産の購入について、日銀出身の岡三証券チーフエコノミスト、愛宕伸康氏は「金融政策ではなく財政政策」と位置づける。そのうえで購入は、政府による一定の担保が必要と主張する愛宕氏に話を聞いた。

――日銀はリスク資産の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン