/

沖縄追悼式、規模縮小表明 知事「それぞれの場所で」

沖縄県の玉城デニー知事は15日の記者会見で、太平洋戦争末期の沖縄戦で組織的な戦いが終わったとされる6月23日の「慰霊の日」に開催する沖縄全戦没者追悼式の規模を、大幅に縮小すると発表した。新型コロナウイルス感染防止が理由で、「心苦しいが、それぞれの場所で追悼し、平和を誓う日にしてほしい」と呼び掛けた。

式典は県などが主催する。「参列者の健康、安全面を第一に考慮し、県内の招待者のみで実施する」と述べた。安倍晋三首相の招待は見送る方向だ。時間は通常の約50分から40分以内に短縮する。県内の児童・生徒による「平和の詩」は、臨時休校の影響で遅らせていた募集期間を前倒しし、例年通り朗読する方向で調整する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン